語学留学でセブ島に行きました

私は中学から大学までずっと英語を勉強してきたのにもかかわらず、自分から話すことはおろか相手が話す内容もほとんど理解できないという有様でした。街で外国の方に英語で道を尋ねられる度に、身振り手振りで大雑把な説明しかできなかったのです。そんな自分にずっと恥ずかしさを感じていました。そのような訳で、語学留学でもう一度勉強し直そうと思うようになったのです。

早速、語学留学に関する資料集めを開始しました。ところが、思った以上に費用がかかるということが判明してしまいました。短い期間に集中して留学することも考えたのですが、それでは英語が上達するとは思えません。貯金がある程度貯まるまで待つのももどかしいような気がしていました。

そんな時、留学経験のある大学時代の先輩に会う機会があり、良いアドバイスを貰うことができました。それは、フィリピンへ語学留学をするというものです。英語の語学留学先と言えばアメリカやイギリスと思い込んでいた私にはとても驚くような提案だったのですが、よくよく考えてみればフィリピンも英語を使用する国です。日本からも近くて留学費用も抑えられるということでしたので、早速その準備に取り掛かることにしました。

フィリピンといっても、離島を含めて色々な地方があります。情報収集をする過程で、セブ島がいいのではないかと思いました。セブ島は、以前に観光旅行でリゾートを楽しんだことがある場所です。ここならリラックスして楽しみながら英語の勉強を続けられると確信しました。

こうして、まずは1年の予定でセブ島の語学学校に通い始めました。市内の中心部にある学校でしたので、交通の便が良くて買い物にも便利でした。それでいて治安も良く、快適な生活ができたと思っています。学校では私の語学のレベルにあわせたマンツーマンのカリキュラムを組んでもらい、固定の先生によるアットホームで丁寧な授業を受けることができました。最初の内は何人かの先生の授業を受けることができますので、その中から相性の良い先生を選ぶことが可能なのです。まるで気の合う友達と会話しているような感じで、あっという間に時間が過ぎて行きました。

休み時間には他の生徒さんたちと交流する機会にも恵まれて、様々な国の友達ができました。帰国してからもメールなどでやり取りをしています。肝心の英語力ですが、留学後は格段と上達したと自負しています。英語力の更なる向上を目指して、再度上級コースの授業を受けようとセブ島語学留学を計画しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加