夫婦でセブ島へ語学留学をしました

定年退職を機に、英語を勉強するために妻とセブ島へ行くことにしました。なぜセブ島を選んだのかと言うと、リゾートを楽しみながら自分のペースでゆっくり勉強をしたかったからです。実は、留学を決める前に自宅でインターネットの英会話教室を利用していました。その時の先生がフィリピンの方だったのです。フィリピンならば日本とあまり時差がないため、リアルタイムで授業を受けることが可能となります。その時の先生がとても良い方だったこともあり、語学留学するなら絶対にフィリピンと決めていました。セブ島を選んだのは、観光を楽しみたいという妻の意見によるものです。

子供達は海外での生活について心配していたようですが、都心の留学生向けに整備された区画に専用のマンションが用意されていましたので、日本にいる時と変わらず快適に過ごすことができました。大きなショッピングモールもありましたので、買い物好きの妻も退屈しなかったようです。

さて、学校での日常についてですが、私の場合はインターネットの授業である程度基本的な英会話を身につけていましたので、当初から中級クラスに入れて頂くことができました。同じレベルの生徒さん5名程度と一緒に授業を受けるのですが、少人数ということもあって、先生は一人一人に丁寧に接して下さいました。クラスメートとも自然と打ち解けて、それぞれの国のことなどを英語で紹介しながら親睦を深めました。通常授業以外にも、申し込みをすればマンツーマンの個人授業を受けることが可能です。勉強に行き詰まりを感じた時などにはよく利用させてもらいました。

ある日のこと、日に日に英語が上達する私の姿を見た妻は自分も英会話教室に通いたいと言い出しました。先生に相談した所、中途参加も可能ということでしたので、妻も一緒に通うことになりました。ただし、妻は初心者コースです。簡単な英単語しか知らない妻ですので本当に大丈夫かと心配に思っていたのですが、先生方がとても丁寧に教えて下さったようで、毎日楽しいと言いながら通っていました。3ヶ月を過ぎた頃から私と普通に英語で会話するまでになりました。私の方も、日本にいた頃とは比べ物にならない位英語力がついたと実感しています。

セブ島のゆったりとした時間と美しい風景に囲まれて、あせらずゆっくり自分のペースで英語の勉強ができたことはとても有意義な経験でした。帰国後、英語が上達した私たちの姿を見て子供達はとても驚いていました。いずれ自分たちもセブ島へ語学留学をしたいと子供達も希望しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加