セブ島へ英語の語学留学

就職する際に少しでも、英語を話せるようになっておくことは自分のセールスポイントになるし、しっかりと会話出来るようになりたいと語学留学を、大学1年の時に考え始めました。

ただ留学は高額になってしまうので、なかなか一歩が踏み出せないでいたのですが、そんな時に大学のサークルの先輩に教えてもらったのが、フィリピンのセブ島への語学留学です。

正直フィリピンに語学留学して英語が、身に付くのかその時は半信半疑だったので自分でも調べてみることにしました。

フィリピンでは英語は公用語として位置づけられていて、学校でも教育がなされて話せる人が多いとのことです。

そして英語習得のためにフィリピンで、語学留学をする人は増えていて予算や環境などから人気となっています。

そこで私はサークルの先輩に紹介してもらった、セブ島にある語学学校に申し込みをすることにしました。

セブ島といえばフィリピンの中でも、リゾート地として有名でゆったりとした環境の中で学べるなど予算以外にも魅力がたくさんあります。

私が通った語学学校の良い点は何と言っても、1日のほとんどが英語漬けの毎日を送れることです。

朝起きて学校に行くとそこから、マンツーマンで会話を中心としたカリキュラムです。

頭のなかでは理解してもそれを口に出すことに、慣れていない日本人には最適の学習法だということです。

そして私がセブ島での留学で良かったと思ったのは、宿泊する部屋などの環境が整っていた点です。

毎日英語漬けの日々を送る中でほっとする時間、1人の時間を出来るだけ確保したいと考えていたので、少し料金は高くなってしまいましたが1人部屋を選択しました。

1人部屋だと他の人に気兼ねなく、今日習ったフレーズを繰り返し復習することも出来ましたし、何より留学といういつもとは違う日常で溜まるストレス発散の場には、必要なことだったと感じています。

料金が少し高くなったとは言っても、欧米に留学する料金よりも約半額程度で抑えることが出来たのでその点でも満足しています。

またセブ島はリゾート地としても有名なので、学校が休みの日などに仲良くなった友達と有名な、ビーチを訪れたりと観光も満喫出来て楽しかったです。

1年を通じて気候が穏やかなので過ごしやすいですし、またフィリピンの中でも治安が良いことでも有名で、セキュリティがしっかりしていて安心して暮らせました。

肝心の英語力のことですが、私が滞在したのは夏休みの2ヶ月間で毎日の会話で、かなりスムーズに話せるようになりました。

早口だと聞き取れないこともあるので、帰国してからも自分が話す機会をどんどん増やしていきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加