セブ島に語学留学した時の体験談

私は学生時代に3か月ほどフィリピンのセブ島に語学留学をしたことがあります。以前から英語圏に語学留学をしたいと思っていたのですが、英語圏は物価が高いところが多く、予算内で行けるところはフィリピンしかありませんでした。フィリピンは治安の面で不安がありましたが、セブ島なら他のフィリピンの地域に比べると治安が非常に安定しているということだったので、思い切って語学留学に行くことにしました。両親には治安の面から反対されましたが、時間をかけて説得したら渋々ながらも認めてくれました。

3か月の語学費用でかかったお金は、授業料、滞在ビザとSSP(特別学生許可証)の取得費用、食費や寮(ドミトリー)などの現地での生活費などを合計するとおよそ30万円くらいでした。

授業は月曜日から金曜日までの週5日で、1日5時間でした。留学前は何とかなるだろうと楽観的に思っていたのですが、実際に行ってみると思っていたよりずっと大変でした。相手の話していることは何となくわかるのですが、私の発音が悪いせいか自分の意思を思ったように伝えることがなかなかできませんでした。これまで受験用の勉強しかしてこず、自分から英語を話す機会がほとんどなかったので今になって思えば当然の結果でした。最初は大変でしたが授業がマンツーマンだったこともあり、次第に発音が良くなっていきました。そして、3か月が過ぎた頃には「まだまだおかしいところもあるけれど、最初のころに比べれば大分良くなった」と先生から褒めてもらえました。

私が住んでいた寮には私以外にも日本人が一人いて、彼と友達になりました。彼は社会人で私よりも3つ年上でした。彼は海外経験が豊富で年齢以上に落ち着いて見え、とても頼れる存在でした。海外に語学留学に行って日本人と一緒にいるのはあまり良いことではないのかもしれませんが、一人で海外にいるのは初めての経験で少し不安になっていた私には彼の存在はとても大きな助けとなりました。彼とは授業が終わった後に飲みに行ったり、遊びに行ったりしました。

セブ島での生活は、怪しそうな客引きに注意していたこともあり、特に犯罪に巻き込まれることもありませんでした。また、虫刺されや飲み水に注意をしていたので、特に病気になることもありませんでした。ただ、短時間だから大丈夫だろうと日焼け止めを塗らずに外出したら、日焼けで肌が真っ赤になってしまったことがありました。

3か月程度の語学留学でしたが、留学前に比べれば少なからず英語力が向上したという実感があります。また、様々な経験ができたので、語学留学に行って良かったと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加