セブ島へ英語の語学留学に行く

学校の授業でも英語は習ったけれど、実際に使えるかというとそれは別問題です。そんなに英語なんて使う機会はないと思っていたけれど、なかなかそうはいかないものです。

私は証券会社のOLをしているのですが、お客様が海外の方の場合も多くあります。そうなってくると、英語は必須になります。

そこで、夏休みの休暇に有給をくっつけて1週間、セブ島へ語学留学に行くことにしました。

なぜセブ島かといえば、やっぱり行くからには勉強だけではなくて観光もしたい。せっかくの休みを勉強だけで過ごすのはもったいないというのが一番の理由です。

それから、距離が近いこと。行くのに時間ばかりがかかるようでは、短期間の語学留学ではもったいないと思ったからです。

最後にはやはり、金銭面の問題です。物価がある程度安いところでないと、なんだかんだと言っても1週間過ごすには高いところでは過ごせないからです。

食事もホテルの食事ばかりでは飽きてしまうし、外食に行くのはもちろんのこと、ショッピングも楽しみたいと思ったからです。

旅行会社にもそのようなプランがたくさんあり、私にちょうどよくあったプランがありました。午前中は講義で英語を学び、午後は実践で様々なイベントを行いながら勉強するプランです。

午後は3時には終わるので、その後は自由時間で自分の好きなことができるのです。

午後のイベントも最初は観光だったりするのですが、その間も買い物ができます。当然のことながら、英語で自分で買い物をします。

最初は戸惑っていたのですが、先生も一緒ということでチャレンジしました。最初の買い物は本当にドキドキしたものです。でも、店員さんも慣れているのか、ゆっくりしゃべってくれたので、先生の助けをかりないで買い物することができました。

それから観光ツアーに参加のときもありました。それもガイドさんが英語でしゃべるので、聞き取るのに必死です。でも、基本は観光案内なので見ていれば、「あれのことしゃべっている」とかがわかったので、よかったです。

そんな経験をさせてもらえたので、最後のほうは不自由なく観光できる程度のレベルにはなりました。

自由時間に一緒に参加している人たちと出かけていました。

朝ご飯と昼ご飯はツアーで入っていたのですが、夜はなかったので色々なところに食べにいきました。

勉強もできて、遊びもできた楽しい語学留学になりました。職場に帰ってからも、お客様とその時の話を英語でるすることもできるくらいに上達できました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加